各々が持つ五感の感覚を活かすことで

レッスンが見違えるほど変化します!

♪あなたの指導法、きちんと生徒さんに伝わっていますか?


前回、大好評だった「優位感覚ワークショップ」が、なんと

4つのタイプの事例を元に公開レッスン形式でバージョンUP!


人にそれぞれ備わる五感は異なります。

あなたにもこんなこと、ありませんか?

 

例えば・・・


・私は言われるだけだと、理解できない


・歌ってもらったり、弾いてもらうことで覚えやすい


・きちんとした説明がないと、納得できない


・説明をごちゃごちゃされても困る・・・


あなたがそう感じるように、生徒さんもそれぞれに感じ方が異なります。

 

日頃のレッスンで、

 

あなたの視点だけで伝えている、と言うことはありませんか? 



ここで登場するのが「五感」!

 

五感とは・・・

 

・視覚(視る)

 

・聴覚(聴く)

 

・触感覚(触覚・臭覚・味覚を含む)

 

・言語(言葉)

 

私たちは、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の5つの感覚を通して世界を認識しています。

すべての物を見たり、聞いたり、触ったり、味わったり、匂ったりして感じているのです。

こうして自分の中に情報を取り入れると共に、これらの感覚を通して世界と関わっています。


しかし人には、その中でも特に優位に働く感覚があり、

これは人とのコミュニケーションにも大きく関わっています。

自分にとって優位な感覚がはっきりすると、自分がどのようなコミュニケーションを好むかが分かります。

 

この感覚は必ずしも、1つのタイプだけに集約されていると言う訳ではなく、

大凡のケースは、それぞれのタイプがミックスされています。

 

 

【お役立ちサイト】

 

Test.Jp (←クリック)

 

プロコーチも活用している、Coach.Aが運営する

サイトです。 是非、参考にして下さいね。

自分のタイプをチェックしたい方は今すぐクリック!!

【5月の優位感覚ワークショップでは、凄い!面白いと参加者が大絶賛!】

ワークショップでは視覚・聴覚・触感覚・言語感覚の4つのグループに分かれてセッションを行い、これがランチ会でも

とても盛り上がりました!


 

【レッスンで実践している生徒さんの変化】

 

<視覚優位の生徒さんの事例>

奏法を細かく指導し、こいう楽譜の書き方の時は、こういう奏法で弾きますと、
楽譜の形と、演奏を結び付けるレッスンをひたすらしていきました。
拍子感もすべて、りんごの大きさで書きました。
絵を書かせて、絵のイメージで作曲をさせたり、物語を作らせ、曲にしたり、楽
譜を分解して、つなげてみたりしながら、形式の理解をさせたり、
セロリ先生の本を使って、題名あてをさせたりと、表現力を遊びを通して、身に
付けて行ってもらっています。

 

<聴覚優位の生徒さんの事例>

昨年の11月の発表会では、全然楽譜が読めず、嫌にな
り、かんしゃくをおこして楽譜をグシャグシャにしてしまった生徒さん。

 

聴覚優位なので、歌での指導、CDなど音源を聴く→歌詞唱(強弱や・曲の背景イメージして)→
音名唱(曲想つけて)→演奏をすることを中心に、カードを使い、音程、和音の形を

視覚的に、メトロノームを使ったレッスンで効果が出ています。

 

<触感覚優位の生徒さんの事例>

ピアノをはじめて5ヶ月の幼稚園年長の生徒さん。

音符を読むことに関心がなくとても苦痛、言われた通りに見てやることも

好きではない様子。

自宅学習で、一生懸命、音符を読ませようと試みて下さった

お母様でしたが、うまく行かず・・・。

 

この生徒さんのタイプは「触感覚」。

(お母様は、視覚優位と思われます)

ピアノを弾くことは、大好きなので、レッスンではまず

自分の弾きたいように弾いてもらっています。

また、向き合って指をタッチしたりなど、スキンシップを取ると、

すんなり進みます。

苦手な音符への理解は、レッスン教具でもある、おはじきなどを

使うと、自分で音の場所の配置も考えられるようになりました。

 

<言語感覚優位の生徒さんの事例>

とにかく弾くことだけで精いっぱい、自分の音まで聴く余裕もなく

アンプが苦手、と自分で諦めてしまった50代後半の生徒さん。

何とか暗譜させようとしていたレッスンが苦痛に。

 

実はこの生徒さんの優位感覚は、「言語」。

聴覚優位ではないので、音を聴いて弾く、と言うことが

長いこと、バランスを崩していました。

自分でわかるようにイメージ、解釈を置き換えて

メモを取るようになり、諦めていた暗譜が1週間後には

4小節間、ノーミスで弾けるようになりました。

譜読みのスピードだけでなく、奏法にも変化が垣間見られています。

 

【開催日時】

2014119日(日) AM 10:00 ~ 12:30

場 所  シンフォニーサロン 2F  URL http://www.symphonysalon.com/

東京都江東区深川2-4-8 シンフォニービル

(地下鉄東西線・大江戸線 門前仲町駅6番出口より徒歩3分)

講 師  保科 陽子

(財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ。

ピティナ指導者検定、全級取得。

国立音楽大学音楽教育学科卒業。カワイグレード3級取得。

音楽教室勤務、研修講師。

現在、保科ピアノ教室主催。青梅市在住。

対 象  ピアノ指導者

 

満席のため、申込を終了しました】


受講料 8000円 → 10/25までにお申込で5,000円に!(資料3000円相当プレゼント)

      保科陽子優位感覚セミナー・ワークショップ受講者    10/25までに申込で 5,000円→4,500  

       

       <好評につき終了しました>更に!初めて受講される方限定5名様の特典!として

     個人セッション12000円)+受講料5000円)+資料3000円) 計20000円 

    なんと10,000円!! 


   ※お振込後の返金は致しかねます。ご了承下さい※                  


主催

音楽総合企画 Armonia(アルモニーア)

TEL  080-8029-5959